WASTEGATE

ごみを価値あるモノに変えるアイデアを提供するサイト

アイデア

自宅を事務所にしている場合はごみの出し方に要注意!

投稿日:2018年3月26日 更新日:

1.ごみ出しは、ご自身の属する自治体さんに確認することをお勧めします

デザイナーやライター、イラストレーター、SOHOといった業態は自宅を事務所(事業所)とする場合が多いと思います。

最近これに加え、自宅を宿泊施設として格安で提供するビジネス「民泊」が出てきました。

このように自宅を “事業所(事務所)” とする場合、この自宅(事業所)から出るごみを

“家庭ごみと分けて出す必要があるの?自宅近くのごみ収集場に出していいんじゃないの?”

とお考えの場合は危険です。

横浜市さんの場合、必ず環境局に届け出ること、と定められています。(参考:横浜市さんの事業者向け案内

法令(条例)違反し事業が継続できなくなってしまうリスクを回避するために、ご自身の属する自治体さんにごみ出しんp方法を確認することをお勧めします。

2.法令違反の影響は自分の想像を超える

法令違反によるリスクは、自治体さんから受ける罰金や勧告よりも、それが世間に知れ渡った時の社会的制裁だと考えています。

言い換えると、お客様や取引先から信用を失い、取引が減る、または無くなる可能性があるということです。

事業規模が大きければ大きいほどこのリスクが高くなるように思います。

世間は無情なもので、「知らなかった」や「確認不足、勘違い」は配慮してもらえません。

真のリスクは、起業家や経営者が “今はまだ大丈夫だろう” や “気にしていたらスピードが遅れライバルに負けるから気にしない” のような “面倒くさがり” のままでいることかもしれません。

“急がば回れ” とよく言われるのは、事業全体のどこにどんなリスクがあるのか俯瞰し、“どうなることが一番面倒くさい” のか、ポイントを見誤るなということだと思っています。

3.自宅(事務所)のごみを家庭ごみと一緒に出したい場合

横浜市さんの場合、1日平均5kg未満(内、事業系ごみは3kg未満)であれば、家庭ごみと一緒に収集して頂けます。(事前に届け出をしていることが大前提です。)

この判定は届け出に記載した予想排出量で行われます。

では排出予想量がギリギリの場合は?超えてしまった場合はどうすれば…

これこそ “確認すること” が大切です。

今回、横浜市さんを例にしましたが、これは自治体さんによって異なります。

“必ずご自身が属する自治体さんに確認” するようにお願い致します。

おまけ:そもそも賃貸住宅を事務所(事業所)にして大丈夫?

4.事業所から出たごみは原則自分で処分する

事業系ごみを自治体さんに収集してもらうというのは特例と考えた方がよいと考えています。

事業所から出たごみは、事業者へ処理責任が法令(条例)で定められていますので、ご自身で収集運搬・処分業者さんに委託する必要があります。

先日異業種交流会で、行政書士さんから「民泊事業者さんから『民泊で出たごみが少量すぎて収集業者さんが取り合ってくれない。』という相談を受けた。」という相談を受けました。

私は、これに対してよい返事をできませんでした。

今は「自治体さんのホームページ等に掲載されている業者さんに相談してみる。」か「同業者さんに紹介してもらう。」としか答えられません。

このような課題に対してより良いサービスを提供できないかアイデアをブラッシュアップ中です。

様々な形で課題解決のアプローチができたらと考えています。

-アイデア

執筆者:

関連記事

家具のアップサイクル

家具の粗大ごみは、日本では殆どの場合自治体さんが有料で引き取ってくれるのはご存知の事と思います。 家具を棄てる時、まだ使えるのに…と思ってごみに出してる方は意外と多いのではないでしょうか。 程度の良い …

民泊から出たごみは直接自分で搬入する方法もある!

1.どうしても収集運搬事業者さんが見つからない場合… ある行政書士さんから、民泊事業で出たごみが少量すぎて収集運搬業者さんからお断りされてしまう…という悩みの相談を受けていて、対応に困っているという相 …

一緒に、ごみを価値あるモノに変えませんか?

ごみ=自分にとって要らないもの=欲しい人が何処かにいる=価値のあるもの このマッチングをより簡単にしてくれたのがメルカリではないでしょうか? 以前からヤフオクもこの役割の一部を担っていたと考えています …

事業ごみを家庭ごみと一緒に収集してくれる自治体さんはごく一部!

1.神奈川県内では、自宅兼事務所から出た事業ごみを、家庭ごみと一緒に収集してもらえるのは5市・町のみ 神奈川県内の自治体さんのホームページを確認してみた所、自宅兼事務所から出たごみを家庭ごみと一緒にご …

WEBサービス”WASTE GATE”スタート!

事業者の”ごみ”の悩み解決を手助けするWEBサービス”WASTE GATE”スタート!

1.はじめに 当サイトは、起業を考えており事業所(事務所)から出るごみの悩みを解消したい方へ、ヒントを提供することを目指しています。 ・どう処分したら良いか ・なるべく処分費を抑えたい ・むしろごみを …